自然環境の悪化は年々ひどくなっていますよね。
気候変動で思うように収穫できない、台風で全滅してしまうなど、
農家さんが抱える栽培リスクは計り知れないものがあります。


そして今、沖縄の農家さんの半分以上が65歳を超えていて、後継者不足が深刻な問題になっています。
食料自給率は33%。栽培品目はサトウキビ、パイナップル、マンゴーなど換金作物ばかりで
私たちが普段食べるような野菜、穀物はあまり栽培されていません。
気候変動で世界が同時に不作になったら、輸入に頼っている沖縄は食糧難になるかもしれません。

このまま何もしないでいたら沖縄の食と農の未来はちょっと大変なことになりそうです。
若者たちが農業をやりたい!と思えるような環境作りができないものか。
行政が動かないなら民間でやってみようということで、有機農家さんと一緒に
「ベジんちゅ」という島やさいボックスを作ることにしました。

オーガニック島やさいボックス ベジんちゅ 

自然環境の悪化は年々ひどくなっていますよね。
気候変動で思うように収穫できない、台風で全滅してしまうなど、
農家さんが抱える栽培リスクは計り知れないものがあります。


そして今、沖縄の農家さんの半分以上が65歳を超えていて、後継者不足が深刻な問題になっています。
食料自給率は33%。栽培品目はサトウキビ、パイナップル、マンゴーなど換金作物ばかりで
私たちが普段食べるような野菜、穀物はあまり栽培されていません。
気候変動で世界が同時に不作になったら、輸入に頼っている沖縄は食糧難になるかもしれません。

このまま何もしないでいたら沖縄の食と農の未来はちょっと大変なことになりそうです。
若者たちが農業をやりたい!と思えるような環境作りができないものか。
行政が動かないなら民間でやってみようということで、有機農家さんと一緒に
「ベジんちゅ」という島やさいボックスを作ることにしました。
自然環境の悪化は年々ひどくなっていますよね。
気候変動で思うように収穫できない、台風で全滅してしまうなど、
農家さんが抱える栽培リスクは計り知れないものがあります。


そして今、沖縄の農家さんの半分以上が65歳を超えていて、後継者不足が深刻な問題になっています。
食料自給率は33%。栽培品目はサトウキビ、パイナップル、マンゴーなど換金作物ばかりで
私たちが普段食べるような野菜、穀物はあまり栽培されていません。
気候変動で世界が同時に不作になったら、輸入に頼っている沖縄は食糧難になるかもしれません。

このまま何もしないでいたら沖縄の食と農の未来はちょっと大変なことになりそうです。
若者たちが農業をやりたい!と思えるような環境作りができないものか。
行政が動かないなら民間でやってみようということで、有機農家さんと一緒に
「ベジんちゅ」という島やさいボックスを作ることにしました。